28才人妻わん娘♂のとろとろ❤トリック(サンプル)

「犬耳持ち」のポポちゃんがマンション内で開催されたハロウィンイベントで子供達やご近所さんに散々いたずらされるお話。
旦那様が留守の間、男の子3人に乳首をこしょこしょくすぐられたり、ご近所さんに大きなキャンディーをお尻でペロペロさせられたりして、今日もポポちゃんは大好きなおちんちんが我慢できなくなってしまいます。

  • 💕 (0)
  • 🍒 (0)
  • 🍌 (1)
  • 🍑 (1)
  • 😇 (1)
  • 🔞 (1)

 この子達が来てからどれぐらい経っただろうか。
 予想に反し三人の男の子達はいつまで待っても僕を解放してはくれなかった。

(こ、声、出ちゃうよぉ……っ)

 腰を押さえていた腕はエプロンの下に潜り込み、半ズボンをめくり上げるように手の平で太ももの内側を撫でてくる。
 他の二人に左右から膝を押さえられているせいで足を閉じることもできない。

「も、もう、いたずらしないでぇ……っ、そんな触り方しちゃ、だめぇ……っ」
「やめてって言われてやめたら全然イタズラじゃないじゃん。ほら、ここ弱いんでしょ?」
「ぁんっ、ほ、ほんとに、んっ、だめっ、おっぱい、こしょこしょしちゃ、ぁあんっ」

 二本のマジックハンドは熊手のように指先だけを曲げられ、四本の指で胸全体を引っ掻くようにして上下左右に揺れる。
 乳首は少しずつ固くなってシャツとエプロンを押し上げていく。
 ツンと尖れば尖っただけ引っ掛かりやすくなり、僕は何度も乳首を弾かれてしまう。

(子供のいたずらで、感じちゃうなんてぇ……っ)

 乳首をコリコリされながら太ももの内側をいやらしくなぞられ腰がぞくぞく跳ねる。
 三人はどこを触れば僕がもっとくすぐったがるのかとますます熱心にあちこち撫で回してくる。

「なあ、ここがくすぐったいんじゃない?」
「本当だ。ここ触るとビクビクするね」
「えー、これ? こんな所がくすぐったいんだ?」

 ふいに一人がエプロンをツンと押し上げる乳首をきゅうっと摘まんだ。
 慌てて大きく首を左右に振ってみせたけれど逆効果だったらしくもう片方も摘ままれてしまう。

「や、やめっ、んっ、ぁっ、ひっぱっちゃ、ぁっ、ぁあっ、そんな、だめ、んんっ」
「おおっ! すごいビクビクしてるっ、めちゃくちゃ効いてるぞっ!」
「やぁんっ、ち、乳首、取り合わないでぇ……っ、やんっ、こんなに、たくさんしちゃ……っ、ふぁあっ❤」

 プラスチックのおもちゃで弾かれるだけのもどかしい刺激に焦れていた乳首は人の指の感触に大喜びして更に固く尖ってしまう。

(ど、どうしよう……❤ エッチなコリコリ乳首……、子供達に触られちゃってるぅ……❤)

 暫く三人は競い合うように乳首を摘まんだりつついたり潰したりしていたけれど、最終的には僕の後ろにいる子が弄る権利を勝ち取ったらしい。
 彼は両手の平全体で平らな胸を揉みながら引っ張るように乳首を摘まみ、親指と人差し指でコリコリと全体を潰してくる。

(これ、本当に、くすぐってるだけなの……っ? 触り方がエッチ過ぎるよぉ……っ❤)

 下や上に引っ張りながらクニクニしたり、その状態で更に上下左右に揺らしてみたり。
 僕はまるで体に力が入らず、されるがままに小さな子供の愛撫に喘ぎ声を漏らしビクンビクンいやらしく震え続けた。

「あっ❤ ぁんっ❤ それ、いやぁ……っ❤ おねが、ひぅっ❤ も、もう、やめ、ぁあん……っ❤」
「へー、引っ張ってくにゅくにゅされるのが一番嫌なんだ?」
「い、嫌だから、ぁっ❤ ぁあっ❤ 捏ねないでぇ……っ、その、引っ張るの、ほんとに、あっ❤ ぁんっ❤ はぅうっ❤」

 僕が嫌がれば嫌がるほど彼は指の動きを激しくしてしまう。
 遠慮のない手つきに耐え切れず下着の中では先走りがとろとろあふれ出していた。

(乳首、じんじんするぅ……❤ 子供の前でイっちゃうなんて……っ、絶対、だめなのにぃ……っ❤)

 いつの間にか膝を押さえていた手は離れており、僕は太ももを擦り合わせるようにして達しそうになるのを堪えた。
 他の二人は乳首を弄られ足をもじもじさせ身をくねらせる僕をじっと見上げている。

「ほら、二人もよく見てろよ。こうやって、こう、だからな」
「ひぅうっ❤ らめっ❤ やぁんっ❤ み、みないでぇ❤ あっ❤ ぁあんっ❤」

 子供に感じている顔を見られる恥ずかしさで体はますます火照り、下着はびしょびしょに濡れてしまう。
 乳首を弄る手は二人に指の動かし方を教え込むように見せてからエプロンの中に潜り込んできた。
 薄いシャツ越しに胸を撫で回されいたずらにピンッと弾かれる。
 布が一枚減った分、肌に彼の指の温度や爪の固さが伝わりやすくなってしまい、僕は堪らず首をのけぞらせいやいやと首を振った。

「いつまで、するのぉ❤ も、もう、むりぃ❤ ちくび、いたずらしないでぇ❤ あっ❤ ぁあんっ❤ やぁんっ❤」

 エプロンの中でうごめく手は外からは見えず、僕は予想できない刺激に身構えることさえできない。
 けれど彼らは僕の懇願に耳を貸そうとする気配もなく楽しげにクスクス笑い合うだけ。

「次は誰がする?」
「じゃあ俺がやってみようかな」

 もしかして三人が満足するまで僕は開放してもらえないのだろうか。
 心で感じる不安と裏腹に体は終わらない快感への期待で指先までじんじん疼いた。

「つ、つめ、たてちゃ❤ やっ❤ ぁあっ❤ ぐりぐりするの、やめ❤ ひぅっ❤ ふぁあっ❤」

 僕が限界なのがわかっているかのように指は乳首を抓り、捏ね、引っ張って追い詰めてくる。

(子供に、乳首で、イかされちゃうぅっ❤)

 逃げ場のない刺激に我慢なんてできるはずもなく、乳首をぐにぐに潰された瞬間に僕は全身をガクガク震わせながら達してしまった。
 下着の中がぐっしょり濡れて身じろぐとズボンの中でくちゅくちゅエッチな音が鳴ってしまう。

「お、おねが……、んっ❤ これいじょう、だめだからぁ……❤ はぅっ❤」
「駄目だよ。あと二人まだやってないし」
「そんな、ぁっ❤ はぁん……っ❤」

 彼が名残惜しそうに指の腹で優しく乳首を撫でたり軽くぷにぷに潰したりしてくるから、イったばかりなのにまた腰がぞくぞくしてしまう。
 ようやく手が離れ絶頂の余韻が過ぎようとしても場所を代わった次の子がすぐに乳首を摘まみ始める。

「えっと、こうやってくりくりって摘まむと良いんだっけ?」
「やっ❤ やんっ❤ ぁあっ❤ らめっ❤ も、やめてぇ……っ❤ ちくび、くりくり、ぁんっ❤ らめぇっ❤」
「効いてる効いてる! じゃあこれはどう?」
「あぁっ❤ ふぁあっ❤ さきっぽ、カリカリするの❤ ひぅっ❤ いやぁっ❤ はぁんっ❤ ぁっ❤ ぁあっ❤」
「おーっ、これもめちゃくちゃ効いてる!」

 子供達はゲームでもするように無邪気にはしゃぎながら僕の乳首を弄り続ける。
 これをすると反応が良いらしいとか言い合って、どんどん僕が感じる触り方ばかりするようになっていった。
 僕がイってしまっているなんて気付いていないはずなのに、どうしてか皆しっかり僕がイくまで触るのをやめてくれない。

(ふえぇ……❤ 三回もイかされちゃったよぉ……❤)

 全員が僕をイかせ終える頃にはエプロンにまで染みができるほど足の間がぐちゅぐちゅになっていた。
 やっと手足を解放してもらえたが腰も足もガクガクで壁に手をつかなければ立っているのもままならない。

「そろそろ帰るね。また遊ぼうね!」
「う、うん……、みんな、早く、帰らないと、んっ❤ お母さん達心配するよ……、はぁん❤」
「はーい!」

 玄関まで見送る間にも三人は僕を支える手で体を撫で回してくる。
 一人が靴を履いていたら他の二人は後ろから胸を揉んだり太ももに手を挟んできたり。

「今度はこっちもたくさんくすぐってあげるね」
「やっ❤ ゃんっ❤ おしりはだめぇ……っ❤」
「大丈夫だよ、ポポちゃん。お尻だけじゃなくてちゃんと乳首もしてあげるから」

 全員が靴を履きたたきに降りると仕上げのように一人は乳首を摘まみ、もう二人は太ももやお尻を撫で回してきた。
 堪らずもじもじ足を擦り合わせると太ももの間に入った手に皮膚が薄く敏感な場所を揉まれてしまう。

「帰るんじゃ、んっ❤ なかったの、ぁんっ❤ もう、駄目だよぉ……っ❤ んんっ❤」
「本当にまた遊んでくれるんだよね? 約束だからね?」
「わ、わかった、わかったからぁ……❤ ぁっ❤ ゃあん❤ 約束、するから、乳首、ぁあんっ❤」

 お尻を左右に開くように揉まれながら乳首を上下に小刻みに弾かれ、僕は立っていられず三人に縋りついてしまう。

「今度、たくさん、ぁんっ❤ 乳首、コリコリ、していいからぁ❤ はぅう❤ んんぅっ❤」
「本当に? お尻も?」
「お、おしりも❤ おしりも、もみもみ、させげあげる、んっ❤ はぁんっ❤ だ、だから、もう、ひぁあっ❤ ぁっ❤ らめぇっ❤ い、イく❤ また、イっちゃうぅっ❤」

 まるでご褒美か何かのように乳首を弄る指が動きを激しくした。
 三人に散々イかされたせいで出すものは残っておらず、僕は腰をびくんっと跳ねさせ女の子みたいに達してしまう。

「今日の晩御飯何かなあ」
「俺の家、ちらし寿司だって」
「それって全然ハロウィンと関係なくない?」

 フローリングにへたり込んだ僕を尻目に、三人は子供らしい会話を和気藹々と交わしながら扉を開けた。
 何事もなかったかのように一人ずつ玄関を出て行く。

「ポポちゃん、ばいばーい」

 無邪気に振られた手に呆然と手を振り返すと扉はぱたりと閉まった。
 僕は一人取り残され、暫く玄関に座り込んだまま絶頂の余韻にビクビク震えていた。

28才人妻わん娘♂のとろとろ❤トリック
(PDFファイル / 全66P / 約1.2万字)


検索用タグ:
ショタ / セクハラ / 犬耳 / 乳首責め / いたずら/ ハロウィン/ キャンディー / 異物挿入 / 人妻 / エロガキ / 中出し /