誰にもヒミツの宝物

「悟、それ、俺の知ってる大っ嫌いと全然ちげーんだけど……」

「勘違いしないでほしいんだけどっ……!
こ、こんなのっ、ただの嫌がらせなんだからっ!
光一のことなんてっ、ほ、本当に、大っ嫌いなんだからっ!」

 バスケ部に所属する高校2年生の朱塚 光一(あかつか こういち)は実は生徒会長の多智花 悟(たちばな さとる)と家が隣同士で兄弟同然に育てられた幼馴染。

 成績優秀で外面はめちゃくちゃ良いのに自分に対してだけ敵意むき出しで嫌味たっぷりな悟のことが光一はとことん嫌いでたまらない。

 お互い嫌い合っていると信じていた光一だが、ある日を境に「もしかして自分は嫌われているわけではないのでは?」と思うように。

 少しずつ付き合い方を変えていく内に悟の本音がわかってきて…………


誰にもヒミツの宝物

強豪バスケ部男子×幼馴染の病弱ツンデレ生徒会長
(本編46話 / 15万字弱)

小説家になろうで読む

pixivで読む(user only)

  • 😍 (4)
  • 😭 (0)
  • 😇 (2)
  • 💕 (6)
  • 🔞 (0)

番外編同人誌

『ホワイト・チョコレート・リキュール』
付き合い始めて10年が経ち、社会人になった二人。
一緒にいればいるほど好きになってしまって、上手に「好き」を伝え切れない。
そんな二人のホワイトデーのお話です。